ここでは水いぼの治療について、ヨクイニン療法を詳しく説明していきます。

ヨクイニン療法とは、漢方薬のヨクイニンを服用して水いぼを体の内側から治していくという治療法です。ヨクイニンとは、ハトムギの殻(種皮)を取り除いた種子のことで漢方薬として錠剤タイプのものが市販されています。ヨクイニン漢方薬が無ければハトムギ茶を飲むことでも代用できます。


sponsored link




昔から「イボ取りと言えばハトムギ」と言われているように、ハトムギに含まれるコイクノライドという成分がイボ取り治療に効果があるとされています。

ヨクイニン療法の最大のメリットは、他の治療法は違って痛みを一切感じる事無く治療を進められることです。水いぼを皮膚科や小児科で治療する際は、基本的に痛みを伴う治療法が選択されるのですが、この方法だと痛みを感じることなく治療していくことが出来ます。
しかし、実際にヨクイニン療法の効果が全ての方に適用しているわけではありません。数日で効果があって治るというものでもないので治療期間も長期間を要することになります。ヨクイニン療法の場合は、「自然治癒よりも早くなる」というくらいのつもりで始めた方が良いでしょう。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ ピンセット圧出療法

⇒ 硝酸銀焼灼療法

⇒ 冷凍凝固療法

⇒ イソジン・木酢液療法


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
mizuibo21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。