ここでは水いぼと似た病気の一つ、蕁麻疹について詳しく説明していきます。

蕁麻疹は医学用語で膨疹(ぼうしん)と呼ばれる皮膚病の一種です。蕁麻疹は皮膚の浅い層に大きさ問わず色々な発疹が現れ、強い痒みを感じます。蕁麻疹と言えば痒みが特徴でこれは疼痛とも呼ばれますが、時としてやけどの跡のように焼けるような痛みからチクチクと刺すような鋭い痛みを感じる場合もあります。
痒みや痛み、そして腫れや赤らみの範囲も、肩から腕や背中へと徐々に拡大することもあります。酷い場合は背中前面を覆い尽くすほど拡大することもあります。


sponsored link




また、痒みや痛みが現れては消え、現れては消えを繰り返すこともあります。これらの症状がすぐに無くなるものは急性じんましんと言い、1ヶ月以上続く長期間のものを慢性じんましんと言い区別されます。

蕁麻疹になる原因は、人によって様々です。代表的なのがアレルギー反応によるもので、アレルギーの原因となるものであれば、食べ物以外でも金属や花粉、薬剤から蜂の毒なども当てはまります。他にも原因はあります。皮膚を直接刺激した場合、例えば下着による摩擦や鞄の紐による圧迫なども蕁麻疹の原因となることがあります。熱さや寒さ、日光なども蕁麻疹が現れる原因となります。そして現代人の多くが悩まされているストレスも、蕁麻疹の原因となることがあるようです。
また慢性じんましんになりやすいのが内臓疾患が原因となるものです。胃腸や肝臓が悪いと蕁麻疹が起こることが分かっています。原因疾患を治療しない限り、蕁麻疹の対症治療を行ってもなかなか回復しないので、非常に厄介な原因と言えます。

また、蕁麻疹の症状が体表皮膚の表面に現れているものであれば、大きく不安がる必要はありませんが、症状が悪化すると気管にまで広がって呼吸に障害を及ぼす恐れもあります。こうなると、呼吸困難に陥ることもあり、最悪の場合は命を落とす危険にさらされる可能性もあるので注意が必要となります。蕁麻疹は実は想像以上に怖い病気だったりするわけです。


sponsored link




このページを見た方は次のページもよく閲覧されています。

⇒ あせも(汗疹)

⇒ とびひ

⇒ 水疱瘡


⇒ TOPページへ戻る



  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る


sponsored link




[当サイトへの問い合わせ]
mizuibo21★yahoo.co.jp
★を@に変更して下さい。

[免責]
当サイトで提供されている情報の利用によって生じたトラブル等について当方では一切関与いたしません。情報の利用は利用者様ご本人の責任において行ってください。

[第三者広告配信]
当サイトでは、第三者配信による広告サービスを利用しています。このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 (氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません) を使用することがあります。